結丸のがんじゅう豆知識

あなたの『?』を生活アドバイザー結丸が解決します!

*

台風の日にコロッケはなぜ?風速の定義は?記録はどれくらい?

   

台風第6号(ノウル)は勢力を弱め5月12日の昼過ぎには本州に最接近し、13日の未明には関東地方周辺で温帯低気圧に変わる見込みです。

日本列島に接近すると、一気に注目を集める台風ですが、あなたは台風の日にコロッケを食べる風習があることをご存知ですか?

ここでは、意外と知らない台風の日にコロッケを食べる由来と、風速の定義や記録についてご紹介します。

スポンサードリンク

台風の日にコロッケはなぜ?

コロッケ
台風が接近するとTwitterや掲示板などのネット上では、なぜか『台風コロッケ』の話題が飛び交います。

台風コロッケとは、台風が接近してきたときに食べるコロッケのことで、実は2001年の台風第11号が関係しています。

2001年の8月21日に2ちゃんねるの「(台風)上陸秒読み実況スレッド」で、台風第11号が接近すると『念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました。』と書き込まれました。

これをきっかけに、スレッド内が「コロッケを食べたい」との書き込みで盛り上がり、それ以来『台風の日=コロッケを食べる日』という認識が少しずつ広まってきました。

10数年経った今でも、台風が接近すると台風コロッケの話題が飛び交うくらいまでに定着しています。

そして今では、大きく下記の3パターンに分かれているようです。

①由来通りに買ってくる人
②冷凍食品で済ませる人
③暇つぶしも兼ねて手作りする人

さらに数十年後には、台風コロッケが日本の文化になる日がやってくるかも知れませんね。

台風になる風速の定義は?

台風は熱帯低気圧が発達したもので、最大風速の10分間の平均が、およそ17m/s以上のものを指します。

尚、国際的な取り決めでは、最大風速の1分間の平均が33m/s以上のものをタイフーンと呼びます。

熱帯低気圧はどの領域に存在するかで名前が変わり、最大風速33m/s以上の勢力の台風が東経180°より東に進むとハリケーンと呼ばれます。

スポンサードリンク

さらに、最大風速が25m/s~33m/s未満のものをシビア・トロピカル・ストーム、17m/s~25m/s未満のものをトロピカル・ストームと呼びます。

<<台風の大きさ>>
・大型(大きい):平均半径が500km以上800km未満の台風
・超大型(非常に大きい):平均半径が800km以上の台風

<<台風の強さ>>
・強い:最大風速が約33m/s以上約44m/s未満の台風
・非常に強い:最大風速が約44m/s以上約54m/s未満の台風
・猛烈な:最大風速が約54m/s以上の台風

<<存在位置のよる名前の違い>>
・タイフーン:東アジア周辺の太平洋(赤道より北で東経180°より東)
・サイクロン:南太平洋/インド洋
・ハリケーン:太平洋(赤道より北で東経180°より東)/大西洋

台風の風速の記録は?

日本国内の最大風速と最大瞬間風速の記録は下記のとおりです。

●平地
【最大風速】69.8m/s
高知県室戸岬:1965年9月10日の台風第23号
【最大瞬間風速】85.3m/s
沖縄県宮古島:1966年9月5日の台風第18号(第2宮古島台風)

●山岳
【最大風速】72.5m/s
富士山頂:1942年4月5日
【最大瞬間風速】91.0m/s
富士山頂:1966年9月25日の台風第26号

風速35m/sでも車が倒れることがあり、50m/sでは樹木が根こそぎになり、たいていの木造家屋が倒れると言われているので、想像を遥かに超えていますね。

まとめ

台風の日にコロッケを食べる由来は、意外と古く2001年の8月21日に2ちゃんねるの「(台風)上陸秒読み実況スレッド」で、『念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました。』と書き込まれたことによります。

これをきっかけに、スレッド内が「コロッケを食べたい」との書き込みで盛り上がり、それ以来『台風の日=コロッケを食べる日』という認識が少しずつ広まってきました。

台風の風速の定義は最大風速の10分間の平均が、およそ17m/s以上のものを指します。

日本国内の平地の最大風速は1965年9月10日の高知県室戸岬で台風第23号による69.8m/s、最大瞬間風速の記録は1966年9月5日の沖縄県宮古島市で台風第18号(第2宮古島台風)による85.3m/sです。

台風第6号(ノウル)は勢力を弱め、13日の未明には関東地方周辺で温帯低気圧に変わる見込みですが、台風第7号(ドルフィン)も同じような進路を辿っているので、今後の動きに注意が必要です。

スポンサードリンク

 - 気象 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

台風11号の最新情報!進路は?沖縄へ接近する?【2015年】

大型で非常に強い台風9号(チャンホン)は沖縄近海をゆっくりと北よりに進み、沖縄地 …

台風13号情報!進路は?日本への影響は?【2015年8月4日】

急速に発達しながら日本に接近しつつある、猛烈な台風13号(ソウデロア)の進路は、 …

台風15号2015進路の最新情報!米軍予想は?沖縄へ?【8月24日】

台風15号(コーニー)は、また非常に強い勢力となり、石垣島などの先島諸島や沖縄本 …

台風26号2015進路最新!米軍予想&ヨーロッパ予想は?【11月21日】

強い台風26号(インファ:In-fa)は、今後どのような進路で進むのでしょうか? …

東北の梅雨明けはいつ?平年なら?予想します!

東北地方(青森県/秋田県/岩手県/山形県/宮城県/福島県)は、まだ梅雨入りしてい …

台風24号2015進路最新!米軍は?ヨーロッパは?【10月15日】

只今、台風24号(コップ:Koppu)と台風25号(チャンパー:Champi)の …

台風17号2015進路の最新!米軍は?日本へ接近?【9月6日】

今年に入って2つ目の越境台風である台風17号(キロ:Kilo)は、ウェーク島近海 …

台風21号2015進路の最新情報!米軍予想は?沖縄に接近?【9月24日】

シルバーウィークの最終日である09月23日午前3時に、フィリピンの東の太平洋で熱 …

台風24号2015進路最新!米軍ヨーロッパ予想は?危険?【10月18日】

非常に強い台風24号(コップ:Koppu)は、とても危険な台風として注目を集めて …

九州の梅雨明け2015年はいつ?平均なら?予想します!

2015年の九州南部(奄美を除く)と九州北部(山口県を含む)の梅雨入りは、気象庁 …