結丸のがんじゅう豆知識

あなたの『?』を生活アドバイザー結丸が解決します!

*

沖縄の梅雨明けはいつ?予想2015年&旅行はいつが良い?

      2015/06/17

2015年の沖縄の梅雨入りは、気象庁の速報値で5月20日ごろでした。

梅雨入りして最初の一週間くらいは、雨の日が多く梅雨らしい天気が続きましたが、ここ数日はほとんど雨も降らず、晴れ間がのぞく日もあります。

さて、沖縄の梅雨明けの平年値はいつごろで、2015年の梅雨明けはいつごろになるのでしょうか?

ここでは、気象庁の過去のデータをもとに、2015年の沖縄の梅雨明けを予想してみます。

スポンサードリンク

沖縄の梅雨明けはいつ?

2015年の沖縄の梅雨入りは台風の影響もあって、気象庁の速報値で昨年よりも15日遅く、平年よりも11日遅い5月20日ごろでした。

奄美地方が沖縄地方よりも1日早く梅雨入りするという、珍しい現象もありましたね。

梅雨入りが早い年は、梅雨明けも早くなるなどと言われていますが、今年の沖縄の梅雨明けはいつごろなのでしょうか?

6月から7月にかけて沖縄旅行を計画していると、梅雨や台風が気になるのではないかと思います。

次の章からは、平年値など気象庁の過去のデータをもとに2015年の梅雨明け予想と、これからの時期で沖縄旅行をするなら、いつごろが良いかをご紹介します。
梅雨明け

沖縄の梅雨明け予想2015年

まずは気象庁のデータより沖縄の梅雨明けの平年値を見てみましょう。

<<気象庁の梅雨明けデータ>>
【平年】6月23日ごろ
【昨年】6月26日ごろ

次に、1951年以降の気象庁のデータで、沖縄の梅雨明け(確定値)の最も早い日と最も遅い日を調べると次の通りで、実に1か月もの開きがあります。

<<最も早い沖縄の梅雨明け>>
【2011年】6月9日ごろ

<<最も遅い沖縄の梅雨明け>>
【1976年】7月9日ごろ
※ここ10年のデータでは【2009年】7月6日が最も遅い記録

その内訳として、6月と7月の梅雨明けの回数を調べると次の通りで、6月中に梅雨が明ける確率が圧倒的に高いのが分かります。

<<6月の梅雨明け回数>>
64回中57回(確率は約89%)

<<7月の梅雨明け回数>>
64回中7回(確率は約11%)

さらに過去64年間で今年と同じ5月20日に沖縄が梅雨入りしたのは、1967年と1968年と1971年の3回あり、それぞれの梅雨明けは次の通りです。

【1967年】6月19日ごろ
【1968年】6月25日ごろ
【1971年】6月10日ごろ

これらのデータと、梅雨入りが早い年は、梅雨明けも早くなる傾向にあることなどから予想すると、沖縄の梅雨明け2015年はズバリ!

【結丸の予想】2015年6月20日ごろ

※あくまでも結丸の個人的な予想ですので、信じるも信じないもあなた次第です!

見事に大ハズレで、気象庁の速報値では、なんと平年より12日も早い(昨年より15日も早い)、6月11日ごろに梅雨明けしました。

スポンサードリンク

ちなみに2000年以降で6月20日ごろに梅雨明けしたのは、2000年と2003年と2006年の3回あります。

これを2000年以降で、6月20日ごろから6月27日ごろまでの約1週間に範囲を広げると、15回中10回とかなりの高確率になります。

①【2000年】6月20日ごろ
②【2001年】6月21日ごろ
③【2002年】6月21日ごろ
④【2003年】6月20日ごろ
⑤【2004年】6月23日ごろ
⑥【2005年】6月27日ごろ
⑦【2006年】6月20日ごろ
⑧【2007年】6月21日ごろ
⑨【2012年】6月23日ごろ
⑩【2014年】6月26日ごろ

なかなかデータ通りにはいかないと思いますが、過去のデータを分析すると面白いですね。

沖縄の梅雨明け旅行はいつが良い?

前章で2015年の沖縄の梅雨明けは、大胆にも6月20日ごろと予想しましたが、それでは沖縄を旅行するにはいつが良いのでしょうか?

「梅雨明け十日」という言葉があり、梅雨明け後の10日間は夏型の気圧配置が安定するため、良い天気が続くと言われています。

実際に梅雨明けから10日間は降雨量が15%~20%と少なく、10日目以降からは20%~30%と徐々に増えてくるようです。

したがって、今年2015年の沖縄旅行のベストシーズンは、梅雨明け予想の6月20日ごろ~6月いっぱいまでの約10日間をおすすめします。

7月に入ると今度は台風が沖縄に接近する確率も高くなってきますので、7月以降は大当たりの日と大はずれの日があり、運次第といった感じです。

台風シーズン終了後の10月から11月もまだまだ暖かく、旅行代金も安めに設定されているので、過ごしやすくおすすめです。

12月は雨の日が多く、個人的にはこちらの方が本土の梅雨みたいに感じます。

最後に沖縄の梅雨の特徴ですが、沖縄の梅雨は本土の梅雨みたいに、1日中雨がしとしと降り続くことはあまりありません。

スコールのような大雨が一気に降って、しばらくすると雨が止み、晴れ間がのぞくこともあります。

「あれっ?今って梅雨だよな?」って思うくらいに、全く雨が降らない日が数日続くこともあります。

なので、もし沖縄旅行と梅雨が重なっても、沖縄の梅雨を楽しんじゃいましょう!

まとめ

2015年の沖縄の梅雨入りは台風の影響もあって、気象庁の速報値で昨年よりも15日遅く、平年よりも11日遅い5月20日ごろでした。

気象庁の過去のデータと、梅雨入りが早い年は、梅雨明けも早くなる傾向にあることなどから予想すると、沖縄の梅雨明け2015年はズバリ!

【結丸の予想】2015年6月20日ごろ

梅雨明け後の10日間は夏型の気圧配置が安定するため、良い天気が続くと言われています。

したがって、今年2015年の沖縄旅行のベストシーズンは、梅雨明け予想の6月20日ごろ~6月いっぱいまでの約10日間をおすすめします。

※あくまでも結丸の個人的な予想ですので、信じるも信じないもあなた次第です!

【出典】
気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/sokuhou_baiu.html)より
「平成27年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)」

気象庁ホームページ(http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/kako_baiu01.html)より
「昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値):沖縄」

スポンサードリンク

 - 気象 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

台風23号2015進路の最新!米軍予報は?日本への影響は?【10月3日】

10月02日15時に、ウェーク島近海で大型の台風23号(チョーイワン:Choi- …

台風対策で窓はどうする?テープを貼る?浸水には?

台風が接近すると、強風で窓ガラスが割れたり、窓のサッシからの吹き込みによって浸水 …

台風13号情報!進路は?日本への影響は?【2015年8月4日】

急速に発達しながら日本に接近しつつある、猛烈な台風13号(ソウデロア)の進路は、 …

台風10号2016年の最新情報!進路と日本への影響は?【8月26日】

台風10号(ライオンロック:Lionrock)が、勢力を強めながら日本の南の海上 …

台風21号2015進路の最新!気象庁は?沖縄は?【9月26日】

強い台風21号(ドゥージェン:Dujuan)は、週明けにも沖縄地方に接近する見込 …

台風24号2015進路最新!米軍とヨーロッパ予想は?【10月19日】

強い台風24号(コップ:Koppu)は、ルソン島付近でほとんど停滞しています。 …

東海の梅雨明けはいつ?平均は?予想します!

2015年の東海地方(愛知県/岐阜県/三重県/静岡県)の梅雨入りは、気象庁の速報 …

台風15号情報!進路は?石垣島への影響は?【2015年8月19日】

2015年8月15日の午前3時ごろ、マリアナ諸島で発生した台風15号(コーニー) …

奄美の梅雨明けはいつ?平年なら?予想します!

2015年の奄美地方(奄美群島/トカラ列島)の梅雨入りは、気象庁の速報値で5月1 …

台風情報2015年はどうなる?米軍予報とは?名前はどう決める?

台風第6号(ノウル)が5月11日の深夜から12日未明にかけて、石垣島を通過し沖縄 …